image

アクセス

image photo

横浜へ11分 [8分] ※1、品川へ13分 [23分] ※2
都市を謳歌する、洗練の日常へ。

5駅3路線が利用可能な
「サンリヤン横浜鶴見ブランシエラ」。
横浜や品川などのターミナルステーションに加え、
川崎や羽田空港など、快適なアクセスが実現します。
充実の交通網が軽快なライフスタイルへ導きます。

京浜急行本線「花月総持寺」駅より

京急川崎

image photo

「京急川崎」駅へ 3[8分] ※3

横浜

image photo

「横浜」駅へ 11[8分] ※1

品川

image photo

「品川」駅へ 13[23分] ※2

羽田空港第3ターミナル

image photo

「羽田空港第3ターミナル」駅へ
15[17分] ※4

東京

image photo

「東京」駅へ 20[28分] ※5

渋谷

image photo

「渋谷」駅へ 22[35分] ※6

路線図

左右にスクロールできます

朝の通勤・通学もスムーズに。
都心主要エリアへの通勤も豊富な本数が運行しているので便利です。

時刻表

徒歩2分のバス停から「鶴見」駅へ。
バスでも快適に移動。

バス停
バス時刻表

生麦インターまで約1.2㎞。
レジャーへ、ビジネスへ、スムーズに移動。

all image photo

再開発とともに変わりゆく都市。
その価値を中心から楽しむ。

再開発

※掲載の情報は、2020年11月現在のものです。

左右にスクロールできます

「鶴見」駅からの軽快なアクセスが
さらに拡張予定。

鶴見と日吉も結ばれる横浜環状鉄道計画。

鶴見と日吉も結ばれる横浜環状鉄道計画。横浜市営地下鉄グリーンラインの日吉、港北ニュータウン、中山間の開業(2008年)に続き、横浜環状鉄道の一貫として鶴見と日吉をつなぐ計画も進行中です。ますますアクセスの利便性が高まります。
※出典:横浜市ホームページ

東海道貨物支線の貨客併用化構想。

東海道貨物支線は東海道本線に並行し、東京・川崎・横浜の臨海部を通る貨物路線。この路線を旅客用にも活用することで、周辺エリアのさらなる発展を目指しています。
※出典:東海道貨物支線貨客併用化整備検討協議会(神奈川県・横浜市・川崎市・東京都・大田区・品川区)「人もモノも運ぶ新しい鉄道に夢を乗せて」