image

資産性

外観完成予想CG

「駅徒歩4分×総戸数104邸」
が叶える資産性。

マンションの資産性の目安になる、
「駅からの徒歩分数」と「戸数規模」。
駅徒歩4分、総戸数104邸の規模で誕生する
「サンリヤン横浜鶴見ブランシエラ」は、
リセールバリューにおいても
高いポテンシャルを秘めた
マンションと言えるでしょう。

リセールバリュー
駅距離・戸数規模別比較

リセールバリューとは「約10年前に分譲された新築マンションが、中古物件として当時の何倍の価格で取引されているかを示す指標」です。その数値(%)が高いほど、資産価値が高いと考えられます。

現地写真の航空写真

外観完成予想CG